代車(YAMAHA - XSR900)で長野へ新蕎麦を食べに

Google MapのGPSが一部機能していなそうですが、今回は現在お借りしている YAMAHA - XSR900で長野へ新蕎麦を食べに行ってきました。


XSR900とW800を比較するものではないと思いますが、色々違いすぎて最初は慣れるまで100キロくらい走らないとなと思いつつ、ちょっとツーリングに連れていきました。


トラクションコントロールシステム(TCS)とアシストスリッパークラッチのお陰で非常に快適に。
後輪がロックしてしまうこともないし、ブレーキングやアクセルワークで車体がブレることもない。身体がアクセル・ブレーキで持っていかれることも無い。

カワサキと違う…というものなのかは分かりませんが、クラッチワークにしてもサイドスタンドを立てる操作にしても、何もかも軽いw

軽さとアシストスリッパーがあるがためにギアのポジションが非常に助かる。
今までオンラインでバイクパーツとかを見ていると「ギアポジション、要らなくね?」って思っていましたが最新バイクは流石に違うw

W800だとエンジン音や車体自体の振動、5速で60キロ2000回転、100キロで3500回転とかそういった情報で何となくギア位置は分かったりしますが振動もないし、トラクションも制御してくれたりする最新バイクは快適すぎてそういう乗り物じゃなかった。

他にもどう頑張ってもニュートラルに一発で入れられないとか、手元のボタン配置も違うのでウィンカーを出そうとするとクラクションを鳴らしてしまうとか細かい問題もありましたが。


それでも車両の重量が200キロ無いし基本的に軽く扱える。
そんなYAMAHA - XSR900に乗りながらノンビリ長野なんて行けてホント最高。
楽しさしかありませんでした。


新蕎麦は毎年恒例のすぐに行列が出来る「美郷」さん。
この日は曇り予想でしたが、なんとか晴れ間もでているし最高のツーリング日より。


行列を避けようと開店前にお店に到着。どんだけ蕎麦のために頑張っているんだとw
新蕎麦祭りの後に行ったということもあり蕎麦の畑は全て刈り取られた後でした。


さーて、お料理の方はというとそば茶を飲みながらまずは漬物。


そしてつゆが配られてくると…


はい!恒例の蕎麦。


いつ来ても旨い。ホント。
料理と一緒に必ず振る舞われる蕎麦の薄焼き。せんべいというよりは凄い柔らかい焼いたモノに味噌が乗っています。


今回は「そばがき」も。
実はこれ注文はしていなかったのですが早く来た急いでいるお客さんが待ちきれずにキャンセルした品をタダで頂いてしまったモノ。


この店の蕎麦がき、旨いですね~
来年からは必ず頼もうと思います!w

今回は本当に長野に新蕎麦を食べに来ただけで、実はこの後ノープラン。
YAMAHA - XSR900で長野以外にも新潟だったり色々行きたい場所はあったものの、どうしようかな~と思った結果、"腹を満たした後は晴れているんだったらビーナスラインだけ走って帰ろう"と思い立ちましたが…


まぁそうなりますよねーw
見事に気温5度前後で雲の中でした。
バイクを置いておくだけで結露が酷い状態。

代車のYAMAHA - XSR900は後は平日の足として少し使って1週間で返却。


本当に楽しいバイク、ありがとう!!
W800 -> XSR900の時の違和感は半端なかったけど、XSR900が楽しすぎて平日ものった後にW800に戻った時の違和感も酷かったですw

"こんなに小さなバイクだったっけ?"
"ギアが硬い"
"エンブレ時に身体が前に持っていかれる"
"スロットルに遊び部分が大きすぎて坂道発進の自信がない"
"6速なんて幻!"

ホント、アナログなバイクとデジタルなバイクって全く違う乗り物なんだなと身をもって体験。
W800の足置き場の位置もありますがアメリカン?って思ってしまうほど前に置く場所があるし、違和感の仕事ぶりが凄かった。

でも買わないよ!w
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 1)

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 2 - 完成)

【千葉ツーリングスポット】清水渓流広場 ・  濃溝の滝