東北キャンプツーリング(山形~秋田~青森) - 4日目

鳥海高原家族旅行村」を朝出発し鳥海高原ラインへ。

鳥海高原ライン

天気も最高、あまり車やバイクはいない。
「鳥海高原ライン」というものは登山者用(?)らしく、登山用駐車場で行き止まりのみちだったのですが、景色が素晴らしい…

鳥海高原ライン山頂

なんか遠くの山よりも高い場所で、かつ雲よりも高い場所に来たような。そんな幻想的な場所でした。

さて、そこからは一気に秋田県へ。
まずは鵜ノ崎海岸

鵜ノ崎海岸

男鹿半島へ入り、入道埼灯台
途中五社堂へ寄ろうか…と思いつつも通りすぎてしまいました。ちょっと後悔。

入道埼灯台

男鹿半島はいたるところにナマハゲ。看板にもナマハゲ。可愛く描かれていたり、怖く描かれていたり。様々でした。


そして来ました!寒風山
この日は雲も少なく最高としか言いようが無い眺め。

寒風山からの景色

パノラマでも見てくださいw この景色!!

寒風山からの景色

感動しました…。言葉も出ず。

日程的には4日目で青森へ入っていたいところ。ということで、男鹿半島からさらにバイクを進めて国道101号線で青森県へ。
暫く行くと深浦町で目についたこの看板。

国道101号沿いのバイクライダー休憩所

「バイクライダー休憩所」??
夕方4時を回っていたというのもあるのですが、恐る恐る入っていき、オーナーさんに「泊まれたりするんですか?」とか聞いてみると、すぐに快諾いただきました。

ここ、まっぷるとかには載っているっぽい??
建築業者の社長さんが趣味で運営しているライダー向けの簡易宿泊所。無料で布団、テレビ、飲み物(アルコール含む)、冷蔵庫などすべて完備。
これ感激しました。

国道101号沿いのバイクライダー休憩所の寄せ書き


寄せ書きに「モトツー」さんの名前もありましたが、僕も寄せ書きをw

国道101号沿いのバイクライダー休憩所の寄せ書き


汚い字ですみません!!!
ここキャンプ道具もすべて揃っているので、炭で料理を作ることも可能です。オーナーさんに一声かければOKしてくれると思います。そんな優しいオーナーさんです。

国道101号沿いのバイクライダー休憩所

深浦町は夕日が綺麗なことでも有名。
ここで夕日を見ながらバーベキューをするというのも良いと思います。

ちなみに、中ですが大人3~4人が寝泊まりできるスペースです。

国道101号沿いのバイクライダー休憩所


このたてもの、たぶんオーナー(社長さん)が、自分の趣味で建てた建物だと思います。
屋上へあがる階段も、この建物(ガレージ含む)自体も、建物に軒が付いているのですが、それもすべて自分で作っているっぽいです。頑丈だし本業がそのまま趣味に活かされている感じで、素晴らしいの一言ですし、また青森に行った際には立ち寄りたい場所です。

今回は夕飯は近所の「広〆食堂」さんで。

広〆食堂

ちょっとお高いですが、海鮮定食を頼みました。

広〆食堂の海鮮定食

この広〆食堂さんで初めて生の津軽弁を目の当たりにすることに…。
世間話のレベルだと1割も理解出来ない…。最初韓国語か?とか思ってしまったくらいw

そして、ライダー休憩所の人がほかの人と津軽弁で話をしているのも聞いて、バイク関係の話題だったら何とか4割は理解可能w
興味のない話だと1割も理解できないという自体にw

どうやら訛った上に早口らしい…。

青森には津軽弁と南部弁の2つがあるらしいのですが、南部側へ行った時に見せられた動画がこちら。



全くわかんねーw
認識できずw

まぁ、それはともかくライダー休憩所に戻り、社長さんのバイク(MT-09、セロー、ジェベル)の横の空いたスペースでテントなどを乾かすことに。

国道101号線沿いのバイクライダー休憩所

本当に助かりました。
皆さんもぜひ利用してみてください。

■4日目のGoogle Mapログ

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 1)

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 2 - 完成)

【ツーリングルート・スポット】千葉の南房総を初ツーリング(2013)