【W800】ORTLIEB(オルトリーブ) Streetline防水ロールアップバッグ XL(89L)の取り付け

オルトリーブの防水ロールアップバッグXLの89リットルを購入して、以前取り付けてみたのですが今回実践投入をしました。




最初取り付けた時はこんな感じ。

(失敗例)


若干両脇が垂れ下がって、ソーシャル経由でウィンカーステーを交換したほうがいいんじゃ?とご指摘いただいたのですが、どうやらきちっと縛っていなかったのが原因だった模様。

それを改善したのがこちら。


うむ。若干左寄りになっているけど問題無さそう。
今回はW800の純正グラブレールに巻きつけています。

一応実用レベルではあるかなぁとは思いますが、グラブレールへの固定だとバッグが少し前の方に固定されるので、ご覧のとおり大部分が荷物に取られ座る位置が凄く前の方に・・・


真後ろにグラブレールがあったらなー。
とりあえず利用可能ということがわかったので、Kriegaを利用するかオルトリーブを利用するかは、その時々で選んでいこうと思います。

ただし!W800でもTOURATECHの看板を背負えるって凄くないですか?w
なんかBMWとかKTMとかのビッグオフ系のメーカーというイメージが強いTOURATECHですが、この看板背負うだけでバリバリのツアラーという感じのイメージが。

個人的には、そうなれるように頑張るだけなんですけどね!

Kriegaは3つのバッグを組み合わせて利用できるので、拡張性だけでなく、キャンプ場に荷物をおろして少し買い出しに行くときも、小さめのバッグだけを持っていけばいいという意味で、とてもよい作りだと思っています。

ツーリングバッグ、この2種類で短期から長期まで、だいぶ網羅出来るようになりました。
ご参考になるかわかりませんが、以上です!


コメントを投稿

このブログの人気の投稿

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 1)

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 2 - 完成)

【キャンプツーリング】茨城県の沈下橋(地獄橋)めぐり