【ツーリングルート・スポット】千葉の南房総を初ツーリング(2013)

2013年の初ツーリングは千葉の南半分をぐるっと廻るルートを選択。


前日は初ツーリングするぞー!と意気込んで早めに寝たものの、3時半に起きてみて、寒さと相談していると冬用装備があまり無いというこもあって、なかなか外に出れない・・・

結局4時半ごろ外に出て、ETCカードなどなどバイクで準備をして5時出発!
アクアラインは追い風で全く寒くなくすんなり千葉へ到着したものの、夜明け前の寒さがヤヴァい。
指先とつま先の感覚が完全に無くなる・・・

途中1度コンビニで体を暖めた後、再びツーリング再開!
まず訪れたのは日蓮宗大本山の誕生寺


前に一度前を通過したことはあったけど、ちゃんと中に入ったことはなかった。
さすが大本山ということか、敷地自体はそれほど大きくなかったけど、僧侶の数が凄い多くて祈祷をあげているときなんか、唱和の迫力といったらありません。


正月ムードなので、ちゃんとお参りをしつつ次の場所へ!
次に向かったのは元祖勝浦タンタンメンを提供する江ざわですが、時刻はまだ10時。。。

開いてたらなぁと思って行ったのですが、江ざわは11時半から・・・というわけで、次の場所、道の駅ちくら・潮風王国へ向かいます。


公園があったり、第一千倉丸が置いてあったり、海沿いで風が強いものの結構楽しめる場所ですね。


漁船とはいえ、計器類に萌える・・・


江ざわで出来なかった食事をしに来たものの、船とか気になりますね。


船に備えられているナイコーンの望遠鏡!


clinometerってこういうものもあるんだね。
次に向かったのは、常楽山萬徳寺。涅槃像があるお寺ですね。


常楽山萬徳寺さんは、信仰がかなり厚く涅槃像のみでの撮影は禁止。人を含めたスナップショットのみ可能です。それは仏像がお参りの型自体を重視して作られている事からも理解出来ることです。

お坊さんの方に解説してもらいたかったなぁ。
インドを意識した巫女さん(?)風の女性に色々解説していただきました。

線香は5本、手を合わせたまま仏像の周りを3周すると螺旋になっている足場を通じて涅槃像までたどり着くと。
で、涅槃像の足に直接手と額を当ててお参り完了!

長居はしにくいけど、型どおりのお参りというのも心に残るものがありますね。

次に、南房パラダイスへ寄りつつも沖ノ島海水浴場を目指したのですが、イマイチどこから入ればいいかGoogleナビでは分からず、自衛隊の基地周辺でウロウロしてしまいましたw


遠くから浜を望みつつ・・・w

次に向かった大福寺がまた素晴らしい!県道302号線の内房なぎさラインを走っていると突然見えてくる、崖の真ん中の神社。


本社は下にありますが、一番の見どころはなんといってもこの崖の建物。
岩に掘られた像を取り囲むように作られた建物からの景色は格別で、無事漁が出来る事を祈られて古くは行基が開基したということです。


本当にいつまでも長居して海や町並みを見ていたくなる。
そんなお寺でした。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 1)

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 2 - 完成)