【GW】4日目鳥取~白川郷~自宅【本州最西端の地を目指す】

4日目、さすがに鳥取から東京へもどるのには距離がありすぎる。GWもあと1日残ってるから長野か山梨辺りで一泊して帰ろうかと色々考えていたのですが、最終的には自宅まで帰ることにしました。ということで4日目最終日のコースはこちら。


鳥取を朝出発して福井の方向を目指す。鳥取では泊まる場所の確保が難しくてまずシャワーを浴びたいと思いながら走ったのですが、福井の方向によさそうな温泉を見つけたので、そこを目指し始めたわけです。でも、途中で場所を見つけられなかったのもあって挫折!
素晴らしい福井の海岸線を走りつつ能登半島一周を考えるも、福井市から能登半島先端をとおってもどってくるだけで距離400キロ程度。さすがに富山あたりまで戻るくらいしか出来ない。富山から地元までGWの最終日に走り切る自信もなかったので能登半島一周は諦めることに。次に目指したのはなぜか白川郷。その前に白川郷にある温泉へ向かう。


白川郷の「しおみずの湯」。風呂は人が少なくてとても快適。ここで疲れも飛んで復活!気を取り直して白川郷へ!さすが世界遺産。どの世界遺産も外人ばっかり。そして人がものすごく多い。


それでも流石、茅葺き屋根の集落をのんびり歩いているだけで、ゆったりと時間が流れる。そんな気がした。


歩くだけで幸せ。素晴らしい場所ですよね。田んぼには水がはられていて、小さなオタマジャクシが泳ぐ姿を見つつ、人がなるべく少ない静かな道を歩く。この家々も人が実際に住んでいるんだよなと思いながら、私有地には入らないように歩く。


4日目のメインイベントは白川郷。ここが終了したらあとはもったいないけど帰宅するのみ!また木曽路、奈良井、塩尻と走りながら山梨を通過して自宅まで走る。そんなこんなでGW結局どのくらい走ったのかはわからないけど、ロングツーリングはこれにて終了。次のロングツーリングは能登半島一周したいな。
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 1)

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 2 - 完成)

【キャンプツーリング】茨城県の沈下橋(地獄橋)めぐり