【ノープランは】弾丸ツーリング1日目【怖い】

雨の影響を少しでも回避するために,雨がパラつく西日本へ走る俺は勝ち組!なんて走りながら考えていた。。。けど,気づくとまわりに人も一人もおらず,真っ暗な闇を一人走っていた。。。
背中に闇を背負いながら,ひたすら前だけを見て。

そんな訳で,3連休1000キロツーリングの初日です。


◆自宅 ~ 浜松へ向けて

[準備]
3連休の天気は。。。っと。
いつも通り連休前に天気予報をひたすらチェック。
「日曜日は天気が悪いのかぁ。」
そんな事を考えつつも,同時に
「普段1日に250~350キロくらいなら難なく走れるな。自宅から西に350キロ距離だと愛知まで走れるかなぁ」なんて考え始めた。

愛知と言えば渥美半島に行きたい!恋路ヶ浜を見たい!
そんな思いもありました。で,土曜日当日。。。起きると朝8時前。。。
早朝に出発出来なかった。Twitterログで見ると大体9時半頃まで自宅。
そこから,とりあえず走りだすことに。

[出発 ~ 富士山周辺]
カーナビに位置を登録。登録先は「中島砂丘」。日本三大砂丘の一つ。
いきなりそのポイントはないだろ!っていうツッコミは却下です。
軽く走り始めると,時間も時間。国道という国道は渋滞渋滞。
普段すり抜けを殆どしないので,時間だけが悲しく過ぎていく。
都内で業を煮やし,カーナビを信じて脇道にそれることに。それが1日目のツーリングで闇夜に包まれる原因となりました。

脇道にそれても都内は都内。空いた道なんて存在しませんが,それでも最初の道よりは全然楽。都道,国道,県道を色々と乗り継ぎながら山梨へ。
普段,富士山を遠目で見ているけれども,久しぶりに富士山周辺に来ると,あまりの巨大さに絶句。本当に凄いですよね。富士山偉大だ!
すでに富士山周辺を走っている時には夕方。ここで道の駅朝霧高原で休憩。


(写真の中の人は全く関係ありませんw)

少し冷えてきたこともあるけど,暖かいものをと思って軽食とトイレ休憩。

[富士周辺 ~ 浜松]
富士吉田で軽食をとったあと,いざ出発しようとすると辺りはすでに暗い。暗くなる前に山を降りたかったんだけど。。。この時,まだ浜松への道がどんなものか知る由もなかった。
そして忘れてた。今使ってるカーナビは峠道を好むということを。。。

富士山周辺の道路は比較的道の幅もあるし,交通量もそれほど多くなくスムーズに降りることが出来た。その後,カーナビの音声に導かれるままに走っていると,いつしかまわりに車は1台もいなくなった。
そして対向車さえもいなくなった。街灯も,民家も。人の気配すら感じない。

「はっ!忘れてた。。。今使ってるカーナビは国道・県道はどこでも通過可能と判断して,道の内容は全く問わないんだった!!」
ということで,ナビの好きな峠道へ。
峠道,苦手だって何回言ったらわかってくれるのさ。こいつは。

巨大な闇を背負いながらハイビームで運転。そこを抜けると市街地へ。
だんだんと車が増えてきて最終的には国道1号へ合流。あとは浜松までひとっ飛び。

なんとか"夜の"中島砂丘へ到着。
波の音しか聞こえねーーーーYO!

ということで,観光は日曜日にすることに。
予定では夜中に雨が通り過ぎて次の日は曇を予想。
海の近くだからか,雨雲が近づいているからかジメジメした空気に囲まれ,体中に少し気持ち悪い感じを覚えながら。。。

[宿探し]
何はともあれ,ノープランの旅行。
宿なんて押さえていない。とりあえずカーナビで周辺検索して数件あたってみる。

プルルルっ ガチャ
「今日も明日も満室でして。。。」
ガチャ

これを繰り返すこと5,6件。
はい!諦めたー。

貧乏旅行に決定!
携帯電話を準備! 貧乏旅行を行うためにユースホステルやら24時間サウナやら,活用手段は色々あるのさ!

で,全くオススメしませんが,中島砂丘のすぐ近くに大衆浴場発見!
むふふふ。
なんという強運。これで,旅行も勝ち戦決定だ!

そんなこんなで,弾丸ツーリング1日目は終了。
次の日もノープラン。行きたい場所を走れればそれで良し。ただ,長野方面には行きたいなぁと漠然と考えながら寝ましたとさ。

次の日に何が起こるかなんて,全く予想もできなかった。。。

【おさらい】弾丸ツーリングのGPSログ
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 1)

単管パイプを利用したカウチソファ作成(Day 2 - 完成)

【ツーリングルート・スポット】千葉の南房総を初ツーリング(2013)